ラストーン,天満橋,ラピスラズリ,エサレン,大阪,アロマ,ヒーリング

Esalen®Bodyworkとは

米国カリフォルニア州ビッグサーにある『エサレン研究所』で生まれた全身オイルマッサージセラピーです。

 

それはスウェディッシュマッサージをベースに、様々なボディーワークをエッセンスにして融合された『触れることによるヒーリングアート』。

 

最大の特徴は呼吸に合わせたゆったりとした波のようなリズム、そして身体を流れるように一本の線で繋ぐロングストロークです。

波のようなリズム、全身を流れるロングストローク、ロッキング(揺らし)、無理のないストレッチや深部へのアプローチは受け手を深いリラクゼーションに導き、緊張やストレスからの解放を促します。そして、ありのままの自分の身体、心、そして魂の状態に向き合わせてくれるのです。

 

エサレン®ボディーワークに決まった形、手順はなく、プラクティショナー(施術者)とクライアント(受け手)によって共に創りあげていくことで完成されるセッションです。

プラクティショナーは、受け手に対しての敬意、共に取り組む姿勢を常に心掛け、受け手自身への気づきが深まるようガイドとして働き、自己の受容と心身の統合を促します。

 

セッションの終わりにはシーツに包まれ、静寂の時をお過ごしください。

温かく、安心な繭の中にいるような穏やかな時間。

身体と心、魂が統合され余韻を感じながらあるがままに・・・。

 

エサレン®ボディーワークのコースの詳細はこちらです。→『コース料金のご案内』

エサレン研究所について

エサレン研究所は1962年、米国カリフォルニア州の風光明媚な温泉地、ビッグサーに「人間の潜在的可能性」を探求する滞在型宿泊施設として設立され、ヒューマンポテンシャルムーブメント〈人間の潜在能力開発運動〉を生み出すきっかけになりました。そして、その地で暮らしていたネイティブアメリカンの部族の名前から「エサレン研究所」と命名されました。

 

研究所には多くの著名な哲学者、心理学者、身体技法研究家、アーティストが滞在しワークショップを行い発展させていきました。

彼らによって示された洞察、技術がエサレン研究所に集まったボディーワーカー達によってエサレンⓇボディーワークに取り入れられました。

そして、施術者の個性が反映されるそのワークは誕生以来、常に進化、成長しています。

 

現在も、年間500種類ものワークショップが開催され、世界中から参加者が集まり、滞在を楽しんでいます。

 

エサレン研究所の詳細はこちらです。→『Esalen Institute』

1/1
〜 母なる大地からの贈りもの